コンビニアルバイトでの体験談

コンビニアルバイトでの体験談

私が初めて付き合った女性と出会ったのは、大学1年生の時です。
当時私はコンビニでアルバイトをしており彼女となる女性はお客さんでした。

 

毎日何も考えずにレジで多くの人を接客していましたが、その女性の顔を見た時に背中に電流が走り、動けなくなってしまいました。
初めて見る女性で、第一印象はとても清楚で可愛いと感じました。

 

一目惚れをしてから仕事や勉強も手につかずにレジでその女性をずっと待っていました。
しかし2ヶ月ほどその女性は私の働いているコンビニには来ることはありませんでした。

 

諦めかけた時、いきなりその女性は私の働いているコンビニに来てくれました。
ここぞとばかりに私は、その女性に話しかけて連絡先を聞きました。

 

軽く思いを伝えて女性は笑顔で連絡先を教えてくれました。
私はとても嬉しく天にも昇る勢いでした。

 

早速その女性に連絡を取り、自己紹介から始めて距離を縮めました。
相手の女性は私より4つ上で社会人として働いていました。

 

見た目より遥かに若く見えたので驚きました。
不動産の営業として働いていた彼女は、大人の魅力があり、連絡をしているうちにさらに惹かれている自分がいました。

 

積極的にアプローチを行い4回目のデートで告白をして正式にお付き合いする事が出来ました。
諦めずに執念で一目惚れした女性を追い続けて良かったと思っています。